白鷹が小遣いを増やすための努力をしています。その情報を皆様にもお分けしましょう。貴方もこれを見て小遣いアップしてください。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはり破綻するのか?年金制度
今年七月末までの一年間の出生数から死亡数を引いた日本人の人口の自然増加数が、初めて二万人を割り込み一万四千九十八人に落ち込んでいることが十六日、厚生労働省の人口動態統計(概数)で分かった。増加幅の縮小ペースは月平均五千人を超える。このペースが続けば十月末で増減はほぼゼロになり、十二月末にはマイナス一万人前後となる計算で、初めて年ベースの「人口減少時代」に突入する可能性がある。

年金制度を考える時にはどう考えてもありえない数字の人口が増加し続けると言う計算書を根底にして年金金額などの見直しをしたはずだ。
にも拘らず実際には人口が減っていくとすれば当然年金制度そのものは破綻せざるを得ないこととなる。
それがわかっていながら政府はいつまでその事実を隠し続け国民に無駄な負担を続けさせるのだろうか?
しかも、国民が苦労して支払った年金を政治家や官僚が自分たちのためにだけ使っていたとなっては国民が黙っているはずはないと思うのだが・・・ 日本国民と言う言うのは優しいのか、それとも政府のやることだから仕方ないと諦めるのが早いのか、はたまた・・・
もっと怒るべきなのではないのか?日本国民は!
自分たちの支払った金が政治家や官僚に好きなように使われて、足りなくなったから税金を増やす。それで納得できると言うのだろうか?


来年には大増税!福祉や年金もあてにならない!どうします?

クレジットカードのショッピング枠を現金に!

無料登録 高額報酬 リンクスタッフ募集中!!

春よ来い-日本語リードメール-

何と2週間も無料で活動可能!!自動でダウンも!


スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 白鷹の小遣いアップ大作戦. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。